読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。

自分の中の定義:親

ほかの人から何か言われると、素直に受け止められる。

親から何か同じことを言われると、耳障り。

こうした違和感を最近まで頻繁に感じていた。

どうしてだろう、なんでだろう。

そう思っていた。

親は一番身近な人間であり、僕自身を生んだ人間。

それなのに何故、苛立ちがあるのだろう。

一度整理してみた。

そうしたら見えてきた。

性格や考え方のほんの少しのズレ。

これが原因ではないかと。

遺伝子があるので、父と母の性格が混ざっている。

考え方も似ている。

似ている、といっても実際はほんの一握りだ。

だからたまーに耳障り。

同属嫌悪のような感覚。

そして、対処法を思いついた。

自分の中の定義を変えた。

僕の中での二人の実の親。

それを消した。

僕の中の定義上、親がいなくなった。

今まで、いろんな人と接してきたけど、親以外には

耳障りだなんて思うことはなかった。

「親」ってことがすべての問題だったのかもしれない。

だから消した。

そしたら、

違和感が抜けて苛立ちを覚えるようなことが一切無くなった。

 

これでよかったんだろうか。

ちょっとの疑問が残るが、確実に以前よりすっきりした。

 

 

僕の中では色々な定義がある。

関わってきた人間に対しての感情も含めて。

この定義だかなんだかを決めるようになってから

自分の悪いところをよく知るようにもなった。

てことで今から自分自身を見つめなおす時期なのかな。

多分、も少し自分について

触れていくと思う。

 

ゅあ