読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。

落ち着く〇〇

こんばんは。

今僕はトイレにいます。

ビッグウェーブがお腹にきています。

辛いです。笑

トイレって落ち着きません?

個室で何にも縛られず自分の空間と化す。

ナンテコッタイ!

素晴らしい場所です。

もし自分の家をリフォームするなら

トイレ空間に力を入れていきたいところ。。

 

ちょっと脱線しました。笑

みなさんは落ち着く〇〇を持っていますか?

その〇〇に入る言葉は様々です。

場所であったり、物であったり、飲み物であったり。

または存在であったり。

僕は落ち着く場所と物と飲み物に関しては、知っています。

でも落ち着く存在というのは、未だよく知りません。

家族ではない、んです。

家族は落ち着くというより

いつも通りの方が強いというか

なんというか。

まあ、そんなとこです。

それよりも落ち着く存在になってほしい

そう思うヒトがいるのです。

彼女。

僕はこの間彼女ができました。

そりゃあもう嬉しいですよ。

しかしね、

なんとも落ち着く存在では無いんです。

細かくは書こうとすると

多分多すぎて大変なので

簡単にまとめてお話しします。

 

僕の彼女さんはLINEをあまりみない人で、電話も苦手だと言います。

じゃあ会ってデートすればいいんじゃないか!

と考え連絡するも、前日まで全然返事が返ってこない。

そして忙しいのですみませんと断られる。

それだけ。

もうすこし何か返事が欲しい。

これは贅沢でしょうか?

よくわかりません。

落ち着ける存在にしたいなりたいという僕の勝手な考えではありますが、

ちょっと悲しいです。苦笑

 

脱線しすぎました。

失敬。。

落ち着く存在が欲しい。

それだけです。

多分男性も女性も好きなヒトと居ると落ち着くと思えるかと。

だからこそ、彼女さんにしっかり向き合っていきたいですね。

落ち着ける〇〇があると心安らぎますよ!

 

ゅあ