読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。

とある兄妹のお話

兄と妹の二人兄妹。

兄は表は八方美人、裏は合理主義者。

妹は表はいつも笑う元気な子、裏は態度の悪い自己中。

この二人はいつも喧嘩をしていました。

いや、喧嘩というより一方的なもので。

妹は聞き分けの悪い子で、

兄に自分の要求が通らないと

悪口を吐き、物を壊す。

兄は合理的で、

自分の物を壊されるのが怖いので

妹の機嫌を見て判断、行動する。

 

そんな妹はある日、

先日祖母や従兄弟の家から頂いた高校入学祝いの品を

換金したいと兄に頼みだした。

品というのは、図書カード¥5000、クオカード¥2000。

兄は最初、その頼みを断った。

しかし、妹の機嫌が悪くなってしまった。

当然妹は、立場の弱い母には怒鳴り、

立場の強い父には無視。

 

家庭内環境が悪化すると

自分の心地よい居場所がなくなってしまうと思った兄は、

一度断った要求を承認してしまいました。

妹は無事、機嫌を取り戻し、

家庭内環境は平和になりました。

ですが、合理的な兄は不思議にも、

合理的でない考えが生まれました。

 

祝いの品を換金することは良くない、

あのとき要求を断っておくべきだった、と。

 

結局、父の立ち合いのもと、

祝いの品をきちんと返しました。

妹は今も、不機嫌、自己中心的な妹です。

兄はこの先、妹が更生することを祈っています。

嘘です。

僕はそんなこと祈りません。

一刻も早く痛い目を見てもらわねば、気が済まない。

ぷんぷん丸です。

でもそんなこともするはずもなく。

もう、僕に関わらないでくれ。

それが兄の妹に対する、最後の頼み。

 

ゅあ