ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。自己満足自己責任。Twitter→@xyuaalyuaa

感情と理屈。

人には感情があって、それが優先されて意見がわがままに変わることがある。

なんの根拠もなく、なんの説得性もなく、ただただぶつけるだけ。

何も知らない周りの人からすれば

「なんだこいつ」

「幼いなぁ」

とか思っていたり。

 

それは結局誰しも訪れることだと思う。

僕も然り、大人も然り。

大人だからって人間をやめたわけじゃない。

人間なのだから感情があって、それは訪れる。

 

からしょうがない。

周りはそれを許容するのも、耐えきれず離れるのも自由。

それもしょうがない。

 

感情で理屈が通用しないのなら、それは今感情が泣いているんだと思う。

感情が出ている場合、理屈や根拠は通用しないし逆効果。

って思う。

 

人を見た目で判断するなっていうけれど、

私は人を見た目で判断しない!なんていう人いるけれど、

見た目というのは

目で見たもの以外に、その場での人柄まで含まれていると思う。

そこ以外でのその人の人柄は違うのかもしれない。なのにそこしか見れてない。

 

それすら判断する側の自由だし、判断材料を決めるのもその人の自由だ。

 

だから不完全で、考えさせられるし、よく周りを見ないと自滅しちゃう。

 

誰かのおかげで今日も絶賛成長中だ。

 

少しでもイラッときたら、それを抑えたり、なんでイラッとするのか考えたり。

でも、生産性はないし、非合理的な考えにもなるけれど、感情がそれを調和してくれる。

 

もっとちゃんと人のことを考えられないなら、それは一生孤独のまま。

今、周りがいてもいずれ消えるだけ。

 

 

ゅあ