ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。自己満足自己責任。Twitter→@xyualyua

精神崩壊、ラストヒットは親の一蹴り。

人間には親が存在する。していたこともある。

父・母ないしどちらか。

育て親。

いろんな形が存在している。

僕の親は恵まれていることに二人とも実親である。

じゃあ何故、こんなにもひねくれた子が出来上がったのだろう。

答えは単純に、教育に影響しているのだろう。

何かしらの影響で人は特に変わりやすい。

 

もとを辿れば親につく。

 

優しい親だ。しかしながら、実の子に対して疑いをかけるのなら、子はグレるだろう。

何度もかけられた挙げ句、出来上がったのは歪な形をした人形。

 

心に深い傷を負わされたのにもかかわらず、知らん顔。

 

一番影響力のある親から疑われて何も影響しないなんてことは、ない。

 

疑う目で見るのではなく、ちゃんと子を見てやれよ。

 

それが親ってもんだろう。

 

気持ちに余裕すら与えてくれない。

 

だから、もう、限界だ。

 

親を本当に親とも思わなくなってしまいたい。

 

ただただ、願うばかりだ。

 

それか、僕が消えればいいのだろうか。

 

消えても、悲しんでくれるような善者はいてくれるのだろうか。

 

いっそのことすべてを終わらすか、世界が終わってくれないかと、思う。

 

なくなってしまえば、何も無いのだから。

 

学生なのに、忙しくて過労で休んで、辛い思いをして。

親にある出来事で疑いをかけられる。

 

Myメンタル我ながらよく頑張ったと思う。

 

もう、壊れた。

 

もう遅いよ。

 

もう遅い。