ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。自己満足自己責任。Twitter→@xyualyua

虚無の先にあるもの

何かの一歩を踏み出すのに

どれだけの時間を かけたか。

どれだけの苦悩を 強いられたか。

どれだけの葛藤を してきたのか。

 

悩んで、間違って何が悪い。

 

やる気がないならどうする。

やりたくないならどうする。

 

休む?逃げる?やめる?

 

それはいずれまた選択の時が訪れる。

 

休むのは、逃げるのは、やめるのは

一時の行動であって、悪いことじゃない。

イデオロギー。ただそれだけ。

 

続けて良いものと悪いものはある。

継続は力なり。

じゃあ逃げることを継続したら・・・・。?

 

**********************************************************************************

 

虚無は突然やってくる。

いついつまでにやらなきゃいけないことをほったらかして、感情が死ぬ。

心が疲れた。疲労した。

  何かしたの?何かされたの?

そういうわけじゃない。

  なんで疲れたの?

実際は疲れてない。

  じゃあ、、、

うるさい。

 

 

気持ちの整理がついてない、のだろうか。

 

すべてのものに価値を見出せないような、そんな感覚。

 

ただ、その感覚の先。

 

脳は鮮明に、美しく、清らかに。

ニヒリズムが途絶えた瞬間どう行動すべきかを考え続けている。

 

日曜朝にニヒが死んだら。

日曜昼にニヒが死んだら。

日曜夜にニヒが死んだら。

月曜朝にニヒが死んだら。

 

ここがタイムリミットである。

それからどうするのかを無駄のない、

そして神頼みかのような手順で導き出している。

 

実際できるのかできないのかじゃない、

やるしか道のない選択しようのないロールプレイング。

 

これはできるという確信なのか、できたらいいなという希望的観測か。

 

どちらにしても、虚無の先にあるものは価値のある可能性だってわけで。

 

実はニヒリズム否定派でしたよっていうオチ的な。

 

僕は虚無が苦手なんだろうね。

 

 

ゅあ