ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。

不が付く器用な僕から付かない器用へ

僕は今がとても大事であると思ってます。

それでも、それでもやっぱり昔というか、

そういうものも大事で手放したくはありません。

 

中学の時の友達とはほとんどの方々が音信不通で、

かろうじて二人ほど時々お会いしたりお話したりと、

なんだかんだお互いに楽しめる存在がいます。

 

高校の友達は沢山いらっしゃいます。

僕はその人たちと今よりうまく接していたとは思いません。

思い出すのは失敗した時の記憶ばかり。

楽しめたと言ってくださるような友達は少ないと思います。

それに、僕が誘う立場だったため、ほかの方から誘われるなんてことがなく。

いつもいつもそれに悩んでおりました。

 

人間関係が苦手化したのも高校からですね。

なんだかんだ表面上仲良くしていた友達は結局表面上なだけ。

それなら長続きしそうですよね。

僕は結構踏み込んでしまうタイプだったので、相手を傷つけていたのかもしれません。

今高校の友達を誘おうと思うと、いささか億劫になります。

後悔が大きいからでしょうか。

 

それに、自分がいないとこで楽しんでるのを見ると

なんで誘ってくれなかったのか

なーんて思うことも多々あったりと。

 

器の狭い人間です。

誘われなければ誘えばいい。

参加できなければ次に参加すればいい。

そう考えられる余裕も当時はなかったわけですね。

 

当時一緒に遊んでいたグループメンバーとは今大学入学してから一度しか遊んでいません。

自分で行かない癖に待っているバカなやつ。僕です。哀れ、惨め。

我儘だし、欲張りだし、同じ過ちを繰り返すのはもう目に見えてる。

 

ですが今僕はそんなに人間関係に億劫になっているわけではありません。

むしろ、こういう感じでいいんだと少しずつ確立していく段階というか、

自分の中での成功法が出来上がりつつあります。

 

距離感を大切に、相手の価値観を尊重する。

 

それが僕のモットーです。

出来ているとは言ってない。

でもまあ、昔よりか人間関係に困ることは少なくなったと思います。

本当に最近関わる方々とはうまくいっているのかな

なんて勝手に自己満足に浸ってます。

ただ、やっぱり高校の友達の近況を見ると羨ましいと感じてしまいます。

僕も一緒に参加して遊びたいとか、未だに思います。

 

まー、なので少し声をかけてみようと

遊びに誘ってみようと思いました。

ちょっとずつですが暇なときにでもという感じで。

そうして沢山お話して、楽しみたいですね。

今から自分の嫌いな部分を好きに変えていきたい、

そんな一大プロジェクトですね。

僕の中での。

まだまだ時間はあります、無いようであります。

 

 

ゅあ

 

P.S

中学、高校とずっと一緒の友達が一人いらっしゃいます。その方とは一回高校で価値観の違いで離れてしまいましたが、卒業するころにはまたお話するようになり。

何かと縁のある親友のような存在で。

相手がどう思っているかは知りませんが、僕は彼にいつも助けられます。

ありがとう。