ゅあーるえる

僕の日々思うことを綴る。自己満足自己責任。Twitter→@xyualyua

一週間。

スズムシの音色、夏の夕暮れに溶け込んでゆく。

 

涼しくなってきた最中、

今日の日の国は空の怒りで南の都は民の行く手を拒み、

地の怒りで北の大地が光を失った。

 

なんて、古臭い言い方を考えながら、僕は窓の外を見た。

外は暗く、内は空気が悪い。居心地も良くない。

一週間という不思議な期間は、時に短く、時に長く感じる。

今週はとても長い、特に長い。

 

いつもの通り授業を受け、課題をこなし、大会に向けて今日もロボットを走らせる。

この変わらない日常こそが長く感じる原因であると考えた。

 

変わらないから、見つからない。

見つけようとしないから変わらない。

変わろうとしないから、変化しない。

変化しないから、流される。

 

時、それは限りのある資源で、

どうにも人には勿体ないものなのではないかと、

時間を費やしてまで考える。

 

何かの発見や、驚きの連続、新たな何かを見出すには少々気を引き締める必要がある。

それが今週の僕にはなかったのだ。

 

だから長かった。

でも、それは今週の話。

来週は何か変わっているのだろうか。

変わろうとしないのではなく、流されるように少し乗ってみる。

僕にはなかった試みだ。

 

今週の経験が来週に活きる瞬間である。

これはとても楽しみだ。

 

忙しい時ほど、落ち葉がゆっくり落ちるように、静かに冷静に選択する。

 

と、頭の中で整理のついた僕は言葉を書き綴っていく。

 

 

ゅあ